クラミジアと淋病の相違点

淋病は、淋菌に感染することにより発症する病気で、主に男性は尿道炎、女性は子宮頸管炎を引き起こします。
男性は、尿道炎による激しい排尿痛を引き起こすことが多く、女性は、膿のようなおりものが増加する場合もありますが、ほとんど自覚症状がないことが多いです。
そのため放置されることが多くなり、不妊や子宮外妊娠の原因にもなります。

クラミジアの原因菌は、クラミジアトリコマチスといい、昔は目の病気の原因菌として知られていました。
クアラミジアは性病の中で、感染者数が一番多いとされています。
主なクラミジアの症状としては、男性では、淋病ほど激しい排尿痛はなく、軽い尿道の痒みや不快感を感じる人もいます。

クラミジアと淋病の相違点について考える女性女性においては、ほとんど症状がないため、感染してから数年経過していることも多くあります。
おりものが少し増えたりする程度の症状です。
ただ、放置することにより、子宮付属器炎や骨盤腹膜炎を引き起こしたり、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなります。
また、妊娠中に感染している場合、産道感染により胎児にも影響を及ぼす場合があります。

症状がよく似ている病気であるクラミジアと淋病の相違点としては、淋病は尿道に大きな影響を及ぼす病気であり、クラミジアは性器周辺を蝕む症状がでる病気である点です。